WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2006年10月14日のニュース

14日から福知山市三段池公園で造形フェスタ 楽しい41作品並ぶ

1014zoukei.jpg
 自然素材や廃材などで製作した作品を一堂に集める「2006 ふくちやま造形フェスタ」(福知山市主催)が14日から、同市猪崎の三段池公園で始まった。午後からの展示に備えて、出品団体が朝から組み立て作業をしている。15日午後4時まで飾っておく。

 新市誕生記念イベントと位置付け、広く来場を呼びかけている。

合併で旧3町からも参加

 市町合併したことで旧3町地域からの応募もあり、職場や学校などの団体が趣向を凝らした41作品が並んでいる。

 好天に恵まれ、朝から出品団体が組み立てに汗を流した。作品は縦横のどちらかが1m以上との規定があり、会場には大作が次々と完成した。

 旧大江町から参加の美河小学校は、高さ4mの鬼の人形を製作した。児童たちの手形で赤色をつけた繭袋や米袋を組み上げて形作り、運動会で使ったビニール製のポンポンを髪や腰回りに装飾した。同校は「合併をしたので初参加です。良い出来だと思います」と張り切っていた。

 他にも、ある絵本に出てくるキッチンを段ボールなどで立体化したものや、稲穂やススキで米作り体験の一場面を再現した作品も並び、来場者の笑顔を楽しみに各団体が準備を進めていた。親子で仲良く作業をする姿も見られ、会場は開催前からにぎわっている。

 15日午後1時からは、来場者がもの作り体験をできるコーナーも設ける。牛乳パックかトイレットペーパーの芯で水車ボート、くるくるこまなどのおもちゃを作る。希望者は直接会場へ。


写真:市町合併で旧3町から7団体の応募があった。美河小は大江の鬼の人形を製作した


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ