WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2006年10月 3日のニュース

三和の高齢者生活福祉センター公設民営化 「清和会みわ」を指定管理者に

1003miwa.jpg
 福知山市が合併に伴い旧三和町から引き継いだ千束の高齢者生活福祉センターが、10月から指定管理者に業務が引き継がれ、公設民営となった。指定管理者は三和町友渕で特別養護老人ホームみわの里を運営する社会福祉法人清和会みわ(清水葵理事長)。9月30日に施設内で協定締結・事務引き継ぎ式が行われた。

 センターは「健康福祉のまちづくり」を掲げた旧町の基幹施設として1991年7月に完成した。足腰が不自由な人も入浴できる入浴施設、歌や手遊びなどを楽しみながらリハビリできる部屋を備え、在宅の高齢者を対象に通所による介護サービスを最大で1日25人、生きがいデイサービスを5人受け入れてきた。一時的な居住機能としての生活支援ハウス(定員10人)もあり、年間の利用は4500人以上になっている。

 引き継ぎ式は町内の村田綾子さん、岡村留美さんによる箏曲演奏で始まり、山段誠市助役が、施設機能を最大限に生かせるとの審査結果に基づき、指定管理者を指定した経緯を報告。法人に「市の熱い思いをくみ、格別のご協力をお願いします」と呼びかけ、あいさつした。続いて清水理事長が「きょうまで積み上げてこられた実績をしっかり受け継ぎ、地域の役に立っていくことを誓います」と決意を披露。山段助役から施設のカギが清水理事長に手渡された。

 管理者は代わったものの、お年寄りたちと接してきた介護職員は、ほぼそのまま引き続きセンターで仕事にあたっている。


写真:山段助役から清水理事長に施設のカギを引き渡した


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ