WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2006年10月 2日のニュース

重厚な音色響かせる 福知山市出身の蘆田さん指揮で阪大吹奏楽団演奏会

1002suisou.jpg
 福知山市合併記念の大阪大学吹奏楽団演奏会が1日、市厚生会館ホールで開かれた。福知山出身のプロ音楽家、蘆田吉光さん(47)が指揮を務め、クラシックやポップスなどを演奏。50人近い編成のオーケストラならではの重厚な音色を響かせ、来場者を魅了した。市、市教育委員会など後援。

 同演奏会は、大阪音大を卒業後、国内外で活躍し、現在は阪神国公立大学吹奏楽連盟顧問を務める蘆田さんの音楽生活25周年を記念した里帰りのコンサート。指導している7大学のうち部員数が100人近い同吹奏楽団を選び、その選抜メンバーで来福した。

 1部のクラシックのステージでは、全日本吹奏楽コンクールの課題曲にもなっている松尾善雄の「パクス・ロマーナ」やエルガー作曲の代表的な行進曲「威風堂々」などを演奏。2部のオリジナル・ポップスなどのステージでは、チャイコフスキーの名曲「花のワルツ」や数々の演歌など幅広い曲を豊かな音量で披露し、来場者を楽しませた。

 会場前には市社会福祉協議会の募金箱を置き、協力を呼びかけた。寄せられた浄財を地域福祉に役立てる。


写真:豊かな音量でクラシックを聞かせる管弦楽団と指揮の蘆田さん


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ