WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2006年9月25日のニュース

米国人夫婦が庵我学区大運動会に参加 「また会おう」の約束守り

0925anga.jpg
 福知山市池部、庵我小学校(真下正子校長)の6年生たちは、今春、大阪・奈良へ修学旅行に出かけた時に仲良くなった外国の人たちと、電子メールをやり取りして交流を続けている。そのうちの1組のアメリカ人夫婦がこのほど再来日し、23日に同校グラウンドで行われた庵我学区大運動会で児童たちと再会するとともに、地元の人たちと一緒になって競技に参加した。

 6年生たちは修学旅行で、コミュニケーション能力を高めることと外国についての知識を深めることを目的に、大阪城や東大寺で外国からの観光客にインタビューを実施。その時に、電子メールのやり取りを了解してくれたアメリカ、スイス、ブラジル、オーストラリア、ドイツなどの人々と互いの国の様子を知らせ合い、各国から届いたメールは、担任の一瀬佳先生の和訳文、添付写真とともに教室の外の壁に張り出している。

 運動会に参加したのは、アメリカのサンフランシスコに住み、最も“筆まめ”で気さくなマイク・ガーバリーノ、サブリナ・ガーバリーノ夫妻。6年生たちとは大阪城で出会った。ガーバリーノ夫妻は大の親日家で、単に観光地めぐりをするだけでなく、手打ちそば道場に入門したこともある。

 今回は、宮崎県に住む友だちに会いに来たついでに庵我小学校に立ち寄り、運動会開会の前に6年生たちと再会。くす玉割りや紙ふぶきの歓迎を受けた。

 そのまま児童たちと一緒にグラウンドに出て運動会に参加したガーバリーノ夫妻は「アメリカにも運動会のような競技会はあるけど、開会はとてもあっさりしている。入場行進、国旗・校旗の掲揚、選手宣誓、準備体操・・。日本は盛りだくさん」と、初めて見る日本の運動会に興味津々。

 夫妻は、子どもたちや先生との会話の合間を縫って、小麦粉の中に顔をつっこみ埋められているアメを探す「アメはどこだ!」や、おたまにピンポン玉を乗せて運ぶスプーンレースなどにも参加した。

 「マイク!」「サブリナ!」の声援にハッスルした夫妻は、終始笑顔で走りきり、上位入賞者に渡される賞品を手に入れてさらに笑顔に。子どもたちともすっかり打ち解け、懸命の力走に拍手を送ったり、かわいい応援合戦に目を細めたりしていた。

 6年生たちは「『9月にまた会おう』という約束を守ってくれて、いっぱい競技に参加してくれた。ずっと笑顔だったので良かった」と、うれしさいっぱい。

 真下校長は「夫婦ともとても気さく。積極的に競技に参加してもらえましたし、さらに交流を深めることができました。いつも辞書を持っていて、分からない言葉があっても理解し合おうとする姿に感心しました」と話していた。


写真:スプーンレースに出場したマイクさん(手前)。後方の1人おいて左がサブリナさん


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ