WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2006年9月22日のニュース

園児たちがゴール連発 下六人部保育園で府サッカー協会キッズ教室

0922simoroku.jpg
 府サッカー協会によるキッズ教室が21日、福知山市長田段の下六人部保育園(四方哲司園長、148人)であり、5歳児40人が楽しくボールで遊んだ。

 園近くの砂子池グラウンドで、府協会から委嘱を受けた京都市内のサッカークラブ・ASラランジャ京都コーチの伊藤嘉将さん(22)ら4人が指導をした。各自JFA公認キッズリーダーとあって、小さな子たちに教えるのはお手のもの。上手に興味を引きながらカリキュラムを進めた。

 鬼ごっこをして体を十分ほぐしてからサッカーボールが登場。最初からキックをするのではなく、両手で放り上げ、落ちてくるまでに何回手がたたけるかなど、ゲーム仕立てにして慣れさせた。

 水分補給の「お茶の時間」をこまめに取りながら、コーンの間をジグザグに抜けてゴールへシュートする練習をしたり、色別4グループに分かれてのミニゲームをしたり。ゲームは正式なルールなど関係なく、一つのコートの中に2つも3つもボールを入れて、各自が好きなボールを追いかけ、ゴールネットを揺らし合った。

 園児たちはみんな夢中になって走り、転んでもすぐに起きあがっては、また元気にボールを追いかけていた。最後にコーチからリフティングのお手本をみせてもらい、足の甲やかかと、ひざ、それに頭などを器用に使っていつまでもボールを落とさない姿に目を見張り「すごーい!」と歓声を上げていた。


写真:それ、シュートだ


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ