WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2006年9月19日のニュース

多彩な種目、児童ら全力で 多くの小学校で運動会

0919undoukai.jpg
 福知山市内の多くの小学校で17日、運動会が行われた。市内27校のうち、美鈴、庵我、有仁、公誠を除く23校で予定していたが、朝まで雨が降ったため、翌日などに延期したところもあった。実施した学校では、声援する児童や保護者らの声が響きわたった。運動会は、児童数が多いところは学校単独で、少ないところは校区内の公民館などと共催した。

表現種目で元気な踊り 昭和小

 市内最多の児童が通う北本町一区の昭和小学校(小川哲夫校長、670人)では、開会式に続き、赤、青、黄の各チームに分かれ、応援席からエールを送ったあと、全児童による「スペシャル玉入れ」で競技がスタートした。

 徒競走や工夫を凝らした競技などが次々と行われ、5、6年生の「エッサホイサ! くじ引けそれ行け!」では、二人三脚でスタートした児童が、置いてある紙の指示に従ってタイヤを引いたりヒモがついたザルに風船を乗せたり、フラフープでボールを転がしたりしてゴールした。

 また、表現種目では1、2年生が「アドベンチャー キッズ」、3、4年生が「大漁ロック」、5、6年生は「昭和よさこいソーラン」を元気に踊り、大きな拍手を受けた。

混合リレー盛り上がる 遷喬小

 同市石原の遷喬小学校(岡本直美校長)では、遷喬公民館と同校、遷喬幼稚園が共催する「遷喬地区大運動会」として行われた。会場には、児童約260人と園児18人、地区の8町内の人ら合わせて約2500人が参加した。

 競技は、小学3、4年生の徒競走で開幕し、幼稚園児のかけっこなどが順に行われた。間には一般の人が参加する「ざる引き」などの競技、幼稚園児と保護者が一緒に取り組む競技なども盛り込まれた。

 児童は色別、一般の人は地区別の対抗で行われ、選手に大きな声援が送られた。最後には、小学生や一般男女が参加してバトンをつなぐ混合リレーもあり、大いに盛り上がった。

児童、一般が力を合わせて 天津小

 同市勅使の天津小学校(大島正三校長)でも、地区と合同の「天津学区体育祭」が開かれ、児童50人と天津保育園児45人、校区内から成和中に通う生徒30人に加え、地元の人ら約300人が参加した。

 競技では、徒競走や趣向を凝らした競技を展開。園児のリズム「エビカニクス」もあり、かわいらしい遊戯に参加者らは大きな拍手を送っていた。

 また、4分団の対抗競技では、児童から中高年者まで男女が参加して綱引きや「たるころがし」などを行った。全校リレーは抜きつ抜かれつの熱戦となり、盛り上がった。

金管バンドきびきびと 三岳小

 このほか、一ノ宮の三岳小学校(足立正幸校長)では、三岳公民館と合同の「三岳地区大運動会」が行われた。ここでは、前夜に降った雨の影響で、急きょ会場を同校の体育館に変更し、競技内容を縮小して行った。

 競技のほか、伝統となっている児童の金管マーチングバンドもあり、きびきびとした動きでドリル演奏などを展開し、参加者らは惜しみない拍手を送っていた。


写真:3、4年生の徒競走のスタート(遷喬小)


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ