WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

   

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2006年9月16日のニュース

神妙な面持ちで園児らがお茶の作法学ぶ 雀部幼稚園

0916sasabetya.jpg
 福知山市前田の雀部幼稚園(片岡美智代園長)で15日、お茶会が行われ、園児が礼儀作法を教わるとともに、本格的な道具を使って入れられたお茶を味わった。

 同園は今年度、季節感や自然を感じること、心を落ち着かせることなどを学ぼうと、日本の伝統文化である茶道に取り組んでいる。お茶会は今回が4回目で、同園にいる裏千家の茶道を習う職員2人から学んでいる。

 教室に畳を敷いた“茶室”に入った園児11人は、靴を脱いで畳の上にあがり、座って靴をそろえるところからスタート。壁には片岡園長が朝摘んできたススキやフジバカマ、オミナエシなど秋の七草のうちの5種類と、ほかに2種類の花が飾られ、正座した園児は、初めに片岡園長から壁に飾った花の説明を聞いた。

 このあと、同園の安井順子教諭がお茶をたて、園児が運ぶ側と飲む側に分かれてお茶会の始まり。園児は、お茶を運んで客に勧める作法、それを飲んだり菓子を取り分けたりする作法などを学び、神妙な面持ちで取り組んでいた。

 4回目ということもあって、園児は次第に礼儀作法などを身に付けており、3学期には自分でお茶をたてるところまで進める予定。また、10月25日の同園の創立50周年記念行事では、園児が来園者にお茶を出すことも計画している。


写真:お茶の作法を学ぶ園児


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ