WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

   

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2006年9月13日のニュース

秋の訪れ ハギ咲き始める 養泉寺

0913hagi.jpg
 ハギ寺として知られる福知山市中、養泉寺(一常宗玄住職)でハギが開花し始めた。細く長い枝に付くかれんな花が、秋の訪れを告げている。

 同寺の敷地内には、シロハギ、赤いミヤギハギ、ニシキハギが約250株植えられている。秋の七草の一つにも数えられるハギは、毎年初秋のころになると花をつける。枝は小指ほどの細さながらしなやかに伸び、先端部は垂れ下がる。境内の通路の両端をハギが覆い、満開になるにつれて幻想的な雰囲気をかもし出していく。

 冷夏の年には8月下旬に満開になったこともあったが、最近は厳しい残暑の影響か9月中旬にずれ込んでの開花が多い。8月の炎天で花付きが心配されたが、9月に入ってからの雨で持ち直した。今年は花付きが昨年より良く、満開時の咲き誇りに期待が寄せられる。

 現在3分咲き。長雨を耐え秋空が広がれば、一気に花が開く。すでに満開時期の問い合わせがあり、心待ちにしている人たちも多い。コンサートやクラフト市を楽しむ恒例の「萩の集い」を行う今週末の17、18日ごろの満開を見込んでいる。

 一常住職は「厳しい8月を越えてくれました。見ごろはお彼岸ごろまでだと思います。これからきれいになっていってくれれば」と話していた。

 17日のコンサートは午後7時から。ハープの野田千晶さん、チェロの林裕さん、フルートの安藤史子さんが出演する。前売り2000円で当日は500円増し。高校生は前売り、当日ともに1000円、中学生以下は無料。前売り券が残り10枚ほどある。希望者は同寺=電話(22)3887=へ。

 17、18両日の午前10時から午後5時までは、市内や近隣市町在住の作家らの14工房が陶器、木工、漆作品などを並べるクラフト市も開かれる。


写真:開花が始まった養泉寺のハギ。花付きが良く、満開時の咲き誇りが期待される


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ