WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

   

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2006年9月 9日のニュース

福知山城皮切りに市文化財展 夜久野編は16日から

0909bunkazai.jpg
 市町合併した福知山市は、旧3町の貴重な文化財を引き継いだ。その新たな市文化財を多くの人に知ってもらうと、市内4資料館が合同で福知山の文化財展を企画している。トップの三和編に続いて、夜久野編が16日から福知山城を皮切りに始まる。

 福知山城(市郷土資料館)▽三和町郷土資料館(三和支所2階)▽夜久野町化石・郷土資料館(夜久野高原農匠の郷内)▽日本の鬼の交流博物館(大江町仏性寺)の主催。

 夜久野分の指定文化財は、町史編さん事業で確認されたもののほか、町内で採集した化石などがあり、一般市民が見る機会は少なかった。持ち出し可能なものから選定して展示する。

 注目されるものの一つは、夜久野町今西中の大智寺の天部立像。平安時代のものと推定される。ヒノキの一本彫りで、高さ約1m。まげを結い、よろい姿で右下をにらみ、右手を腰にあて左足を一段高い壇に置く。制作技法などから町内最古の天部像の優品とされている。

 このほか仏涅槃図(円満院)、狛犬(熊野神社)、千手観音立像(観音堂)などに、町内採集の化石、新属新種のヤクノセラス・ヌカタエンゼをはじめとするアンモナイト、ビカリアなども加え、計11点(化石は複数)を並べる予定。

 日程は16日から10月22日が福知山城、同月28日から11月12日が三和町郷土資料館、同月18日から12月3日が日本の鬼の交流博物館。大江編は12月23日から巡回を始める。


写真:第1会場の福知山城で展示の準備が行われている。ヒノキの一本彫りで出来た高さ約1mの天部立像


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ