WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

   

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2006年9月 4日のニュース

頻発する自然災害に備え 福知山市が地域防災訓練

0904bousai.jpg
 福知山市は3日、災害の発生を想定した大掛かりな地域防災訓練を実施した。市内猪崎の由良川音無瀬橋下流の河川敷会場のほか、各地域で自主防災訓練があり、総勢約1万2000人が参加して頻発する自然災害に備えた。

160自治会でも連携検証

 河川敷会場の訓練には、市や消防署、消防団、警察、自衛隊など防災関係15機関の関係者と一般市民合わせて約1000人が参加した。台風通過による洪水と大規模な地震災害を想定した。

 午前8時30分から始まり、一般参加の市民が自宅への浸水を防ぐため家庭内にある新聞紙や雑誌、衣類などを買い物袋に詰めて簡易土のうを作り、模擬家屋の玄関先に半円形状に積み上げブルーシートで覆った。

 続いて消防団員と自衛隊員が、河川のはんらん、堤防決壊による水害を食い止めるため、土を詰め込んだ白い土のう袋を手際よく積み上げた。さらに土砂崩れで崩壊した家屋と車の中に取り残された人の救出、負傷者の救護、重症患者のヘリによる搬送などが分刻みで繰り広げられた。

 本番さながらに、防災関係機関が連携を深めて各訓練を展開。高日音彦市長は終了後「各組織の優れた対応力と相互連携が検証され、たいへん心強く感じます」と講評した。


写真:訓練で土のうを積み上げる自衛隊員たち


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ