WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2006年8月 4日のニュース

成美は大会第4日第4試合 相手は強豪・愛工大名電

0804seibi.jpg
 甲子園の初戦が決まった。大会第4日第4試合。相手は昨春のセンバツ優勝校・愛工大名電。強豪校との対戦に成美ナインは「やるぞ!」と気持ちを高めている。

 全国高校野球選手権の抽選会が3日夕、大阪市のフェスティバルホールで行われ、3回戦までの組み合わせが決まった。京都代表の福知山成美高校は9日に予定される第4日に、愛知代表の愛知工業大学付属名電高校と対戦する。

 出場49校の主将が東西2ブロックに分かれてくじを引いた。西日本ブロックの成美・塚下雄介主将は29番の札をつかみ、第4日第4試合に登場することになった。その後東日本ブロックの愛工大名電が30番を引き、初顔合わせが決まった。

 愛工大名電は2年連続8回目の夏の甲子園で、今大会注目校の一つ。中心選手は高校通算55本塁打でプロも熱い視線を送る堂上直倫内野手(3年)。昨年のセンバツでは2年生ながら4番を任され、優勝に貢献した。主軸の破壊力だけでなく、バントで揺さぶりをかけ、盗塁も積極的にしかけてくる。守備は固く、決勝戦は継投で零封している。成美伝統の「のびのび野球」との対決は名勝負になりそう。

 初戦の相手が決まり、成美の塚下主将は「愛工大名電は、守備型のチームと聞いています。成美はその正反対の攻撃型のチームなので、打ち勝ちたいと思います」と力強い抱負。田所孝二監督は「対戦相手が決まりましたが、相手チームの研究などよりも、まず初戦の9日にベストの状態で試合に臨めるよう、試合までの期間しっかりと調整させたいと思います」と話している。

応援バス受け付け開始

 福知山成美高校は、野球部の甲子園初戦が決まったのを受け、4日から応援バスの申し込み受け付けを始めた。対応はすべて旅行代理店による「福知山成美応援団バス手配センター」で行い、センター専用電話、専用ファクスでのみ受け付ける。受付時間は午前10時から午後5時まで。
 甲子園入場券とバス、応援グッズ、保険を含め1人5000円。
 専用電話(25)1577 専用ファクス(25)1871

写真:組み合わせ抽選に臨む成美の塚下主将(左)


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ