WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2006年7月25日のニュース

豊かなハーモニー響かせる 加悦谷高校合唱部が佐賀小で演奏会

0725kayadani.jpg
 福知山市私市、佐賀小学校(大槻初男校長、46人)で25日、国際的コンクールで入賞経験のある加悦谷高校合唱部の演奏会があった。児童、地域住民ら150人以上が集まり、情緒豊かなハーモニーに聞き入った。

 同部は毎年夏休みの1週間を利用して、小中学校での巡回演奏会を続けている。佐賀への訪問は初めてで、児童だけでなく、地域住民らも次々と会場の体育館に駆けつけた。

 1曲目はなじみ深い佐賀小学校歌。合唱部員たちが「未来をきずくわれらの佐賀校」と歌い、会場の心をがっちりとつかんだ。

 ヘンデル作曲「ハレルヤコーラス」は神々しく、シュトラウス作曲「鍛冶屋のポルカ」は鉄を打つ金属音を効果音で入れながら陽気に歌い、情景が歌から伝わった。

 巡回演奏での定番として歌っている曲は、交通事故で障害者になった少女が命の大切さを叫ぶ物語。「壊れやすい命だから本当の愛を探す」「障害者の前に人間ですと叫びたい」などの歌詞と、部員による少女の語りを交えた歌の世界に引き込まれ、涙する人もいた。

 1曲が終わるごとに、聴衆からは大きな拍手が送られた。


写真:加悦谷高校合唱部は佐賀小学校の校歌も歌った


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ