WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2006年7月18日のニュース

“ドキドキ”赤ちゃん抱く 高校生らが福知山市民病院で看護体験

0718kango.jpg
 福知山市厚中町の福知山市民病院で15日、ふれあい看護体験があり、市内を含む府北部の高校生が看護師業務の一部を体験。普段は想像できない苦労を感じ取った。

 看護師をめざす高校生を対象に、実際の仕事を知ってもらおうと、以前は「看護の日」の5月12日に合わせて実施していた。しかし、インターハイや中間試験などが重なることから、2、3年前からこの時期にずらしている。

 市民病院では、府北部の7高校の男女20人が看護衣を着て参加。看護師に付き添ってもらいながら、血圧測定のほか入院患者との会話や散歩をして直接触れ合う体験もした。また、京都共栄学園高校2年、大町舞子さん(16)らは元気よく泣く、生後間もない赤ちゃんと対面。がちがちになりながらもしっかりと抱き、赤ちゃんのぬくもりを感じていた。

 大町さんは「初めて赤ちゃんを抱きました。泣かれてしまいましたが、力強さと優しさを感じました」と話していた。


写真:しっかりと赤ちゃんを抱く高校生


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ