WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2006年7月18日のニュース

再び大雨の恐れ 大江町で民家の裏山崩れる

0718urayama.jpg
 活発な梅雨前線の影響で、府北部では18日以降も再び大雨となる恐れが出てきた。この雨で福知山市大江町日藤の民家裏山で同日朝、土砂崩れがあり、民家に土砂が押し寄せた。家人にけがはなかった。市では同日午前7時に災害警戒本部を設置し、状況の把握にあたっている。舞鶴海洋気象台では、梅雨前線が今後も西日本に停滞し、あす朝まで大雨の降る恐れがあるため、河川の増水や低地浸水、土砂災害に十分注意するよう呼びかけている。

 午前5時ごろ大江町日藤の会社役員、竹部真澄さん(53)宅の裏山が崩れ、大きな木の切り株とともに大量の土砂が母屋に押し寄せ、止めていた車を破損した。当時、家族2人がいたが無事だった。家人は「地響きがし、轟音(ごうおん)とともに家が揺れた。恐ろしかった」と話していた。

 17日には上野条で、住宅裏の農道のり面が崩れ、崩れた部分が雨水のはけ口となり、その水が敷地内へ入ってきた。地元消防団が出動し、家の周りに土のうを積んで浸水を防ぎ、被害を最小限にとどめた。また同市上野の農道のり面が高さ1・7m、長さ5・5m、幅0・4mにわたり崩れた。人家に被害はなかった。

橋の通行止め相次ぐ

 この雨で由良川が増水し、18日までに同市大江町内の在田橋▽尾藤橋▽波美橋▽有路下橋が通行止めになった。町内の小中学校では、美河小、大江中が休校になり、美鈴、有仁両小で始業時間を1時間遅らせた。このほか同日朝、筈巻橋も付近の府道が浸水しかけているため通行止めになった。

 由良川・音無瀬橋下流の午後0時30分現在の水位は1・97m。同気象台では同日午前6時からの24時間に多いところで120mmの雨量を予想している。19日昼前には曇りの天気になるという。


写真:裏山が崩れ、土砂が押し寄せた民家


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ