WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2006年7月 4日のニュース

園児らがミュージカルで交通ルール学ぶ JA共済京都公演

0704musical.jpg
 JA共済の親と子の交通安全ミュージカル「魔法園児マモルワタル」京都公演が4日、福知山市厚生会館で開かれ、市内の園児たちが物語を通じて交通ルールを学んだ。

 主催するJA共済連によると、6歳以下の幼児の歩行中の交通事故のうち道路横断中が約7割を占めている。中でも横断歩道以外の場所での事故が目立つことから、正しい横断ルールを身に付けてほしいと全国各地を回っている。来場した幼児が舞台に上がって学ぶ参加型交通安全教育ミュージカルになっている。

 いつも元気に飛び回る魔法園児のマモルワタルが、あまりのわんぱくさゆえに人間界に修行に送り込まれ、出会った園児のスナオ君や警察官のお姉さんに助けられて、横断歩道の渡り方や信号機の意味など人間界の交通ルールを学ぶ物語。

 公私立の幼稚園、保育園21園の園児と先生約560人が観賞した。午前10時30分から始まり、歌と劇で物語が進み、途中、来場した園児の代表が舞台に上がり、横断歩道の正しい渡り方を体験した。

 みんな物語が繰り広げられる舞台を食い入るように見つめ「横断歩道を渡るときは必ず手を高く挙げ、右、左をしっかり見てから渡ろうね。飛び出しは絶対しないように」との呼びかけに、元気よく「ハーイ」と約束していた。


写真:ステージに上がり横断歩道の正しい渡り方を学ぶ園児たち


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ