WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2006年6月 9日のニュース

観音寺にアジサイ咲き始める 6月中旬には盛りに

0609ajisai.jpg
 関西のアジサイ寺として知られる福知山市観音寺の観音寺(小薮実英住職)の境内で、アジサイが咲き始めた。境内には100種類、1万株が植わっているが、色づいているのはヒメアジサイなどの一部。今後ひと雨ごとに色鮮やかさを増し、今月中旬には盛りを迎えそう。

 同寺では1970年ごろからアジサイを植え始め、年々株数を増やしている。今年は境内裏山に延長80mの「山あじさいの小径(こみち)」を整備し、40種類、100株を両脇に植えた。今年は例年より5日ほど開花が遅く、現在は山門近くの小ぶりなヒメアジサイやヤマアジサイが色づき始めている。株数が多く直径20cm以上に育つ西洋アジサイのハンブルクやブルースカイなどが色づくのはこれからで、あと1週間もすれば境内は青やピンク、紫の花で埋まり、華やかになりそうだ。

 同寺は関西花の寺25か所霊場の第1番札所。乳白色のギンパイソウやヒメウツギ、サツキなどが盛りを迎えている。観光バスも多く、8日には大阪市や向日市などから7台が訪れた。ピーク時には1日20−30台が来るという。

 アジサイの開花期となる7月10日までは拝観料がいる。大人350円、中・高校生200円、小学生以下は無料。期間中、境内の詩風館で、小薮住職の詩画展を開催。25日にはあじさい祭りを計画している。


写真:色づき始め、見ごろを迎えた山門前のアジサイ


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ