WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年5月27日のニュース

長田野工業センターの製品出荷額が過去最高

0527osadano.jpg
 社団法人長田野工業センター(小山榮一理事長)の第33回通常総会が26日、福知山市のサンプラザ万助であり、05年度の製造品出荷額が2284億3200万円となり、3年連続で2000億円を超えて過去最高を記録したことが報告された。

 長田野工業団地の立地企業41社で組織しており、その製造品の出荷額をまとめた。同センターによると、出荷額は団地ができた1974年度が141億円で、8年後の82年度に初めて1000億円を突破した。

 その後、経済不況で一時的に減少した年もあったが、03年度に初めて2000億円の大台に乗せた。その後も順調に出荷額を伸ばし、記録を更新した。

従業員も6000人突破

 また、従業員数(今年4月1日現在)は、6227人を数え、前年に比べて400人の大幅増となった。こちらも団地完成以後で最も多い人数となり、初めて6000人を超えた。立地企業の業種は、化学工業、金属製品をはじめ、電気機械や非鉄金属、鉄鋼など15業種にのぼる。

 総会には会員企業の代表者が出席。小山理事長が「出荷額が過去最高を記録した。府や市の協力と会員企業の血のにじむ努力によるものだ。本年も力を合わせ、地域と連携を図りながら歩んでいきたい」とあいさつした。

 知事代理の東昌司・中丹広域振興局長、高日音彦市長ら来賓が、地元経済やまちづくりに大きく貢献している同工業団地の一層の発展に期待を寄せて祝辞を贈った。

 今年度の事業計画では環境・人権・安全をキーワードに各種事業に取り組むほか、産業廃棄物を出さないゼロエミッションの推進、綾部工業団地、エコートピア京都三和との企業間交流を図ることなどを決めた。

 また、専務理事の数江祥二氏の退任に伴い、6月1日付で府立福知山高等技術専門校の柴田伸之校長を選任することに同意した。


写真:総会であいさつする小山理事長


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ