WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年5月26日のニュース

北近畿の都センター、2010年度の開館めざす 福知山市が基本構想を発表

 福知山市は25日、JR福知山駅北口の東側に建設する複合施設「北近畿の都センター(仮称)」の基本構想を発表した。核となる図書館は北近畿有数の規模、機能を備える。センターは、2008年度に着工、2010年度の開館をめざす。

 建設位置は、福知山駅北口を背にして右手すぐのところ。センターは図書館を核に、生涯学習ゾーンと保健福祉拠点ゾーンなどを兼ね備えた複合施設。「人・もの・情報」の交流拠点にし、府域は亀岡市以北、兵庫県域は篠山市以北の12市5町の約80万人(3月末)が暮らす北近畿の都としてふさわしい施設にしていく。

 図書館は現市立図書館中央館の倍以上の広さにし、蔵書も増やしていく。基本構想によると、児童閲覧室、朗読室を設けるほか、IT機能を充実させる。

 保健・福祉関係では中央保健福祉センターを移転。全市民の健康増進支援や子育て支援などの機能を持たせる。生涯学習関係では各種研修、会議、講座、教室、ボランティア活動に対応する。また、行政相談窓口や軽食・喫茶コーナーの設置、女性センターの新設や若年者就業支援センターの設置を検討していく。

 市は今年度当初予算でセンターの建設事業として22億1750万円を計上し、建物の規模、事業費などを盛り込んだ基本計画の策定や建設用地の取得をする。

 高日市長は「名実ともに『北近畿の都』して発展させるため整備する」と話している。

 基本構想と市民から寄せられた延べ139件の意見、要望は市のホームページに掲載している。


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ