WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年5月20日のニュース

シルクハットや手紙など 芦田均元首相のゆかりの品々並ぶ

0520asida.jpg
 福知山市野間仁田の市芦田均記念館で20日から、「地元に残る芦田均先生の足跡のすべて」展が始まった。福知山出身の芦田元首相の直筆の手紙や愛用していた蓄音機など約50点を展示している。8月14日まで。入館無料。

 2002年5月18日に開館した記念館を管理運営している芦田均元首相顕彰会(堀邦夫会長)の創立5周年を記念した催し。記念館の建設に尽力し、資料集めにも力を注いでいる。

 芦田元首相(1887−1959)は、1948年に第47代内閣総理大臣に就任した。館内には日本国憲法公布式典で昭和天皇を先導したときに使ったイギリスのシルクハットのほか、生家に残されていた時代を感じさせるアメリカ・ビクター製の蓄音機、芦田家の家紋入りちょうちん、首相就任を記念して開かれた社会人野球の優勝カップなどゆかりの品々が並ぶ。

 贈収賄事件となったいわゆる「昭和電工事件」で入所していた拘置所から、地元支援者へ送った手紙、無罪判決がでたときに当時の福知山市長らと笑顔を見せる写真などが展示されている。

 8月18日には館内にギタリストのステファノ・グロンドーナさんを招き、有料のコンサートを開く。

 問い合わせは電話(27)9445の記念館へ。火曜日休館。


写真:レコードや優勝カップなどを展示している


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ