WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年5月15日のニュース

玉露用の茶摘み始まる 福知山市興の新興茶業組合

0515tyatumi.jpg
 福知山市興の新興茶業組合(田中眞佐留組合長)の茶園で15日、新茶の摘み取りが始まった。摘み取られたのは、品評会に出す高級茶の玉露用で40kgが収穫された。

 同組合が共同管理する茶園は7アールの広さがある。毎年この茶園で各品評会に出品する玉露を摘んでいる。今年は寒さのため生育が遅れ、摘み取りは昨年より1週間ほど遅くなった。

 午前7時30分から農家の主婦ら47人が出て作業をした。黒い寒冷紗(かんれいしゃ)に覆われた園内は、薄緑のつやつやした若葉が芽吹いていて、主婦らはその中でもさらによい茶になる1芯2葉のみを丁寧に摘み取った。

 摘んだ茶は、新鮮なこの日のうちに綾部市の製茶工場に運んで製茶し、6月に開催される両丹茶品評会などに出品する。田中組合長は「例年なら連休明けに摘み取るが今年は低温で遅くなった。品質は良いが冬の大雪で木が傷んだせいか芽数が少なく、例年より収穫量が減るのではないか」と心配していた。


写真:出品茶用の若葉を摘み取る農家の主婦ら


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ