WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年5月 8日のニュース

91歳の日本画など紹介 友渕 みわの里で作品展

0508miwanosato.jpg
 福知山市三和町友渕の福祉施設みわの里で、利用者や職員、家族の絵画、彫刻、手芸品などを集めた第1回みわの里展が、7日から始まった。自信作、苦心作、会心作が所狭しと並ぶ中で、90歳を超すお年寄りたちによる見事な日本画、仏像も展示され、訪れた人たちの目を引いている。

 開催のきっかけとなったのは、同施設の入所者の一人・鹿取さん(91)が描く日本画だった。鹿取さんは、着物の下絵描きや京都東映映画村で絵の指導などをしていたことがあって、今でもその絵は一級品。感動した職員たちが「ぜひ個展を」と企画し始めたところ、同じく入所者の西村さん(90)も素晴らしい仏像を彫っていることが分かり、「それなら、みんなの作品を一堂に集めて見てもらおう」ということになった。

 職員の書や家族が描いた油絵などが並ぶ中、鹿取さんは、桂林の奇観を描いた南画やアユ、伊勢エビ、ボタンなどを描いた日本画十数点を出品し、西村さんも布袋像や観音像を展示した。

 右近正三施設長は「素晴らしい作品がそろいました。ぜひ、多くの人に見ていただきたいと思います。また、製作に取り組んで、毎日生きいきと過ごしておられるお年寄りたちの姿を知っていただきたいと思います」と話している。作品展は13日まで。


写真:鹿取さんが描いた桂林の絵など、見応えのある作品が並んでいる


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ