WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年4月27日のニュース

稚アユを放流 由良川漁協が15万匹

0427ayu.jpg
 由良川漁協(上原義男組合長)は27日、本流と支流計5河川に今期初めてアユの稚魚1110kg(約15万8000匹)を放流した。6月1日には初夏の風物詩となっているアユ釣りが解禁になる。

釣りは6月1日解禁

 放流したのは、和歌山県の紀ノ川漁協から取り寄せた海産800kgと滋賀県の琵琶湖産の310kg。体長13〜14cmに育っており、朝から福知山と綾部、舞鶴3市の各河川に放した。

 福知山市と旧三和町を流れる土師川には、紀ノ川漁協から運ばれてきた海産400kgを放した。地元の組合員たちが立ち会って放流作業を助けた。水はまだ冷たかったがアユは元気に深みへと姿を消した。

 由良川漁協では「今年は水温が低く、天然アユのそ上がやや遅れているが、ほぼ平年並みを見込んでいる」という。また稚アユを運んできた紀ノ川漁協の関係者も「紀ノ川でも今年は寒さのため天然そ上が遅れて、いまが最盛期」と話していた。

 由良川漁協では、今シーズンは5月26日までに計7回の放流を計画しており、合わせて4840kg(約69万1000匹)を放す。


写真:紀ノ川漁協から運ばれてきた稚アユを放す組合員


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ