WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年4月21日のニュース

花のじゅうたん地域を美しく彩る 長尾と三俣のシバザクラ

0421nagao.jpg
 小さくかれんな花が地面を覆うシバザクラが咲き始めた。福知山市内の名所として知られる長尾の国道176号沿い傾斜地や三俣の藤谷池周囲などでも、日ごとに“花のじゅうたん”が広がりをみせ、一帯が甘い香りで包まれている。

株増やし、看板や駐車場などを整備 長尾の国道沿い

 長尾の国道沿いの集落入り口では、地元住民20人でつくるグループ「花の郷長尾」(坂田孝行代表)が世話をし、年々規模を拡大している。今季は株数を増やす一方で、看板や駐車場などを整備しており、一層にぎわいをみせそうだ。

 栽培を始めたのは5年前。空き缶などのポイ捨てが後を絶たないことから、地域の玄関口を花で飾ることにした。当初は2000株だったが、毎年増やしており、現在は1万株余りになった。写真撮影に訪れる人も多く、今季は傾斜地の頂上付近に銅板ぶきの木製看板やベンチを置き、裏手に駐車場、簡易トイレを設けて観光地としての装いを整えた。

苗の販売始める

 そばのバス停付近では21日からシバザクラの苗の販売を始めた。こんご土・日曜日やゴールデンウイークを中心に店を開ける。4000株程度を準備している。時間は午前9時から午後5時ごろまで。問い合わせは朝に坂田代表=電話(36)0630=へ。

 坂田代表は「今年は例年より2週間ほど遅れています。今は3分咲きほどですが、ゴールデンウイークには見ごろになりそうです。近くのメダカの学校付近にも植栽していて年々広がっています」と話していた。

堤防沿いに花広がりもうすぐ満開に 三俣の藤谷池

 藤谷池では、地元の有志で組織する「がんばる三俣」(今川生紀会長)が中心になって8年前から栽培している。景観を良くしようと、株を増やし続けており、池の周りの堤防のうち約200mの区間を埋めつくしそうな勢いで広がっている。

 今年は10日ごろから咲き始め、今は満開に近い状態に。これからゴールデンウイークにかけて花見が楽しめそうだ。

 防火、かんがい用水池だが、池の中にはスイレン、周囲ではフジやアジサイを育てており、花の名所として親しまれている。

 場所は市街地から行く場合、国道9号を三和方面に進み、堀越で左折して三俣橋を渡り、府道三俣綾部線をしばらく進んだ右手にある。


写真:ゴールデンウイークを控え、苗の販売を始めた(長尾)


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ