WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年4月20日のニュース

淑徳高の進路状況 特長生かした進学、就職

 福知山市正明寺、福知山淑徳高校は2005年度の卒業生の進路状況をまとめた。進学では市立岐阜女子短大に1人が受かり、4年制大学、短大を通じて初の公立校合格になったという。

 卒業生は193人。進学が6割、就職が4割で、昨年より進学率が増えた。4年制大学は10大学に10人が合格。この7、8年、指定校推薦での合格が続いている立命館には今年も1人が受かった。大阪芸術、精華には、総合学科のアート系列から各1人が合格しており、精華の合格者はトップの成績をあげた。

 短大は22短大に44人。難関の市立岐阜女子はアパレル系列の生徒が突破している。京都嵯峨芸大短大(3人合格)でもトップ成績での合格者が出た。

 専門学校は管理栄養士や看護師などを目指し、42校に60人が進む。大学、短大を含め希望者全員が合格を果たした。

 就職は65人で、就職率は100%。昨秋の1次試験の段階で90%の内定率となっていた。京セラSLCコンポーネンツに3人、歯科助手に3人など。介護福祉士の国家資格を取得した生徒7人は4人が介護福祉施設への就職、3人が短大、専門学校への進学を決めた。

 進学、就職とも6系列の特長を生かした成果をあげた。多名賀基文進路部長は「進学、就職両方で良い結果が出た。就職については3年生からの週1回の進路指導が100%に結びついた。全員が進路について真剣に考えた成果だ」と話している。


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ