WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年4月14日のニュース

寺尾さんの作品展 飛粒彩流画の癒やしのアート

0414art.jpg
 福知山市厚生会館の中会場で、同市の画家、寺尾博志さん(60)の作品展が開かれている。顔料を飛ばすようにして描く独自の飛粒彩流技法を始めて10年となり、その集大成として企画した。透明感のある癒やしのアートが会場を優しく包み込んでいる。

 寺尾さんは書道歴20年余で、5段の腕前を持つ。文字の背景に何かを描けないかと考えた末、飛粒彩流画を生み出した。今までに制作した作品は約500点に及び、多くのコンクールで入賞している。今回は昨秋の市展での奨励賞受賞を記念して開いた。

 展示していのは138点。会場入り口のロビーには、宇宙空間などをイメージした100号サイズを上回る市展奨励賞受賞作、近代美術展ホルベイン賞受賞作などを飾り、会場内には四季の花を中央に描いて背景を飛粒彩流で表現した作品などが飾られている。いずれも青森のねぶた祭りに使われる和紙を使い、その上に水を混ぜた絵の具を筆で飛ばすようにして描いたもので、来場者は「不思議な絵で、見ていると心が和みます」「温かみを感じることができる」などと話しながら鑑賞していた。

 同展は17日まで。時間は各日午前10時から午後9時(最終日は午後8時)まで。入場無料。


写真:活動10周年の集大成で、大小多くの作品を展示している


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ