WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年4月 8日のニュース

夜桜の下で演奏楽しむ 寺町の正眼寺

0408sakura.jpg
 福知山市寺町、正眼寺(四方正道住職)境内で6日、夜桜コンサートが開かれた。50人以上の市民が訪れ、ライトアップされたサクラの下で弦楽アンサンブルの演奏を楽しんだ。

 境内のサクラは樹齢80年以上たっており、今年は2日から咲き始めた。現在ほぼ満開になっている。

 夜桜コンサートは3年前から開催。今年は4日から6日までの日程で行われた。2日間は雨のため本堂内での琴と三弦演奏、人形劇上演となったが、最終日は肌寒いながらも天候がよくサクラの下で開くことができた。

 最初に市内の女性コーラスグループ「ほっと・ティー」があたたかい歌声で「おぼろ月夜」「亜麻色の髪の乙女」などを聞かせた。続いて横浜国立大の現役オーケストラメンバー5人でつくる「横国弦楽アンサンブル」が「ラディッキーマーチ」「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」などを演奏。バイオリンやビオラ、チェロの音色や澄み切った歌声を境内に響かせた。

 訪れた人たちは花を眺めながら合唱や演奏を聞き、ステージの合間にはカメラで花の写真を撮る人の姿も見られた。

 サクラのライトアップは花が散るまで続ける。


写真:ライトアップされたサクラは濃いピンクになり、昼とは違った美しさを見せる


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ