WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年4月 7日のニュース

2校で入学式 高校生活がスタート

0407jyoshi.jpg
 福知山市の福知山成美高校(玉木正弘校長)と福知山女子高校(梅原直正校長)で7日、それぞれ入学式が開かれた。市内の高校では最も早い。今後各校で行われ、新入生たちが3年間の高校生活を始める。


 西小谷ケ丘の福知山女子高校は午前9時30分から、同校横の成美学苑体育館で行った。在校生、保護者らの拍手で新入生88人が真新しい制服に身を包み入場した。

 同校は府北部唯一の女子高校で、昨年度から授業の自由選択制・未来プロジェクトコースなどの新体制を整えており、新入生がその2期生になる。

 梅原校長は「男女共同参画の社会に躍進する女性を育てていく学校です。『初心忘るべからず』。力強くスタートし、一生懸命勉強に励み、心豊かな人格形成ができる3年間となるように」と式辞。新入生代表の足立久美子さんが「学生としての本分を尽くすことを誓います」と宣誓した。

 福知山、府立工業、大江、京都共栄の各校は11日に、福知山淑徳は12日に入学式を行う。

准看護師めざし28人が入学 福知山医師会高等専修学校
 福知山市岡ノ二町、福知山医師会看護高等専修学校では6日に第28回生の入学式があり、28人が准看護師への道をスタートさせた。
 入学生は地元のほか、兵庫県などの18歳から45歳までの人たちで、男性は6人。今後2年間、校内での講義や病院、施設などでの実習を受け、看護について学ぶ。

写真:新入生代表の足立さんが宣誓した(福知山女子高校で)


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ