WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年4月 1日のニュース

能楽師に学ぶ体験講座 面や装束などを使い観世流シテ方から

0401nou.jpg
 能楽師・吉田篤史さんによる体験講座「能への誘い」が31日、福知山市内記1丁目の丹波生活衣館で開かれた。吉田さんが舞台で使う面や装束を用いたり、仕舞を演じたりして観客に能を分かりやすく解説した。

 吉田さんは、観世流のシテ方。重要無形文化財能楽(総合指定)保持者・潔司さんを父に持つ。幼いころから潔司さんらに師事し、現在は吉田嘉謡社の副社主として京都や広島県尾道市などで能を演じている。

 吉田さんは能と狂言の違いを「大きく分けて狂言が喜劇であるなら能は悲劇」だと説明。「言葉にとらわれずに緊迫感や精神的なものを感じて」と話し、能面の表情などを説明したあと仕舞を演じて見せた。

 また観客の一人に能装束を着せながら、クリーニングに出せないために汚すことができないことから衣装の下に胴着を身に着けることや、本来なら3、4人がかりで着付けすることなどを教えた。結婚式などで馴染みのある「高砂」を全員で歌い、観客は役者になったつもりで能を楽しんでいた。


写真:能装束などについて解説する吉田さん


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ