WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年3月30日のニュース

福知山の「行事食」を冊子にまとめる 市連合婦人会

0330hujin.jpg
 子どもたちに手作りの「おふくろの味」を−。福知山市連合婦人会(田邉千佐子会長)はこのほど、福知山の地域や家庭に受け継がれてきた行事食や郷土料理をまとめた冊子を500部作製した。材料の分量と作り方も説明している。A5判32ページ。

 連合婦人会では今年度、食事の洋風化が進む上で食卓から姿を消しつつある行事食、郷土料理を調査。そのなかから後世へ残したい「味」の一部を厳選し、冊子にまとめることにした。

 レシピを紹介して取り上げているのは雑煮、柏餅、七草がゆ、ちらし寿司、炊きおこわ、南瓜(かぼちゃ)のいとこ煮など40品ほど。材料の分量だけでなく、「七草はさっとゆで水さらしをしてから、細かく刻み、色が悪くならないように塩をまぶしておく」「くろごま、青のり、干しえび、ゆかりなども入れるとおいしい」などと、一言添えている。

 連合婦人会は「健康で豊かな暮らしにとって、かけがえのない大切なものが含まれていることを再確認しました。会員それぞれが持ち寄った料理には、地域によって味の差や呼び名の違いがありました。家庭で一緒に作り、一緒に食べるなかで生まれる家族のきずなの大切さを子どもたちに伝えていきたいと思います」としている。

 冊子は無料で譲っている。数に限りがある。問い合わせは電話(22)5956の田邉会長へ。


写真:写真もふんだんに使い編集した冊子


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ