WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年3月28日のニュース

報恩寺タケノコ集荷始まる 初回は50kg

0328takenoko.jpg
 福知山の特産・報恩寺タケノコの集荷作業が28日から、福知山市報恩寺の集荷場で始まった。小ぶりが目立ったが、なかにはどっしりとした出来のよいものも。初日は約50kgが運び込まれた。間もなく福知山の春を代表する旬の味覚が全国へ届けられる。

 報恩寺タケノコは、えぐみがなく、軟らかな食感に人気があり、関西方面のほか東京、横浜など関東方面へも出される。

 作業を担当するのは、「福知山特産」報恩寺筍生産グループ(大槻久雄代表)。昨年より1週間ほど遅い初集荷作業となったが、農家の人たちは土のついたままの新鮮な朝掘りタケノコを次つぎと持ち込んだ。グループの人たちは「立派やなあ」と声を掛けながら、それらを計量。重さや質などを見極めて「上」「中」「小」の3ランクに分けて箱詰めし、市公設地方卸売市場へ出荷した。

 今年は裏作にあたり、集荷量は昨年の27tを下回る20tを見込む。4月12日からはほぼ毎日集荷作業を行い、5月の連休前後まで続く。小売りもしている。


写真:朝掘りタケノコが集まる作業場


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ