WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年3月23日のニュース

治水記念館で1周年記念イベント 歴代の音無瀬橋の写真も

0323tisui.jpg
 福知山市下柳町の市治水記念館で23日から、開館1周年記念イベントとして写真展が始まった。由良川に架かる歴代の音無瀬橋、過去の水害によるまちの被害の様子などの写真を印刷した26点の資料を展示している。4月3日まで。

 記念館は、市と国土交通省が共同で町家を改装し、昨年3月25日に開館。水害と水防の歴史を語り継ぎ、治水と防災のあり方を考えてもらおうと、洪水対策の資料や体験談をまとめた映像作品などがある。これまでに約3200人が足を運んだ。

 音無瀬橋は、1877年(明治10年)に幅60cmの板橋が架けられたのが初代で、現在は1996年に完成した6代目。館内には2代目を除く歴代の音無瀬橋を収めた写真を展示。木製の橋の上を大名行列や芸妓連が通る様子、橋の下で泳ぐ子どもたちの楽しそうな雰囲気が伝わってくる。

 このほか、1907年8月26日の水害でまちに残ったつめ跡の写真も。当時の由良川の最高水位は8・48mで、家屋の流失・全壊は625戸、家屋浸水は5763戸に上り、3代目の音無瀬橋も流失したという。写真には水害で壊された家屋などが写され、被害のすさまじさがうかがえる。

 記念館を管理運営する指定管理者・柳菱クラブの稲上知会長は「水害の歴史を伝えるとともに平常時の由良川を愛してもらえるよう、取り組んでいきたい」と話していた。

 4月5日から17日までは、日本画展を開く。

 問い合わせは電話(22)4200の同記念館へ。火曜日休館。


写真:始まった写真展


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ