WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年3月22日のニュース

大江山女子駅伝 2年ぶりランナーの足音

0322ekiden.jpg
 早春の鬼伝説のまちを女性ランナーが駆け抜ける「酒呑童子杯争奪大江山女子駅伝」(同実行委員会主催)が21日、福知山市大江町で開かれた。2004年10月の台風23号の影響で、昨年の大会は中止となり、今年は2年ぶりの開催。常連チームの京都古川造園RCが1時間9分13秒の大会新記録で優勝を飾った。

 コースは総合会館前をスタート・ゴールとした6区間17・8km。大江山方面へ向かう坂道が含まれ、アップダウンの激しいコースになっている。

 女子駅伝は旧大江町などが主催していたが、合併した今年は地元の人たちが組織した大江山女子駅伝実行委員会が主催。今年は府北部5市のほか、大阪、京都から25チームと、招待チームとして日新中学校出身の大槻奈里さんを含む立命館宇治高校が参加した。

 肌寒いなか、スターターの高日音彦市長の合図で選手は一斉に駆け出した。古川造園は、4人が区間賞を取る活躍ぶりで、大会新でゴールテープを切り、通算7度目の優勝を飾った。立命館宇治はそれをはるかに上回る1時間1分15秒だった。

 また、サブイベントとして「鬼っ子マラソン」も実施。小学1年生から3年生までの児童と保護者が走るファミリーの部は2kg、小学4、5、6年生の男女は3kgを走った。

 京都古川造園RCを除く上位成績は次の通り。
◎女子駅伝◎
 【総合】(2)宝が池STC1時間13分33秒(3)舞鶴ファルコン1時間14分38秒(4)途中ケ丘RC(5)大阪馳走クラブ(6)舞鶴走ろう会(7)三段池RC華組(8)福知山JCチェリーズ


写真:勢い良く走り出す1区の走者


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ