WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年3月11日のニュース

元気で帰ってきてね サケのふるさと由良川を守る会が稚魚放流

0311sake.jpg
 福知山市民らでつくるサケのふるさと由良川を守る会(塩見日出勝会長)は、11日午前10時から市内の音無瀬橋下流で、一般市民に参加を求めてサケの稚魚約2万匹を放流した。

 生まれ育ったふるさとの川に帰るサケについて学習し、由良川流域の文化の育成と河川環境美化の啓発につなげようと毎年開いている。会場の河川敷には、会員ら関係者と一般参加の親子連れら約250人が集まった。

 府水産課の井上太郎技師と牧川養殖漁業生産組合の衣川務組合長が、はるか遠い海を旅し再び生まれ故郷の川に帰ってくるサケとその稚魚の不思議な習性、生態について話したあと放流した。

 稚魚は、昨年秋に由良川で捕獲し、下小田の同組合ふ化場で人工授精させて育てたもので、体長3〜4cm。参加者たちは、バケツに入れて川辺に運び、「元気で帰ってきて」と優しくゆっくり傾けながら緩やかな流れの中に放した。春めいた暖かい日差しに包まれたが水温はまだ8・8度と冷たく、稚魚はしばらく辺りを泳ぎ回ったあと急流へと姿を消した。

 このあと市農村女性協議会のメンバーが作った豚汁をごちそうになった。


写真:サケの稚魚を川に放す子どもたち


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ