WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年3月 6日のニュース

全国から有力チーム集う 三和でペタンク世界選手権予選会

0306petanku.jpg
 国内で数少ない国際基準のペタンク専用コートを整備した福知山市三和町の三和荘コートで5日、世界選手権日本代表選考会一次予選会が開かれた。NPO法人日本ペタンクリーグ主催、NPO法人丹波・みわ主管。

 専用コート整備に伴い「福知山から世界をめざそう」と、三和町ペタンククラブが4日に発足し、これからの飛躍を誓った。その翌日の全国規模大会の誘致で、機運が盛り上がっている。

 国内には同リーグを含め5団体があるため、各団体から選抜された2チームずつの計10チームが4月8、9両日に東京で開催される最終選考会で日本代表の座を争う。一次予選会は最終選考会に臨む選抜チームを決めるもので、地元三和を含む京都勢に北海道、長野、愛媛、高知の26チームがエントリーした。女子世界選手権の一次予選も同日行われ、7チームが参加した。

 国内では整地された土のグラウンドで競技をする人が多く、鉄球が転がりやすく比較的やりやすい。しかし、本場フランスなど外国の大会は砂利を敷き詰めた専用コートで試合をするため、うまく転がらない。慣れない日本の選手が勝つことは難しいといわれている。

 三和荘コートは砂利を敷き詰めた専用コートで、勝つためには鉄球を転がすのではなく投げて目標地点にピンポイントで落下させる技術が求められる。世界選手権経験者など有力選手たちが集まり、高いレベルの試合が午後10時まで続いた。

 最終選考会には、優勝した京都市内のチームと準優勝の高知県のチームが進む。女子は18、19両日に最終選考会があり、上位の京都市内と愛媛県のチームが日本代表の座を狙う。


写真:全国の有力選手たちが争った世界選手権日本代表選考会1次予選会(三和荘コートで)


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ