WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年2月25日のニュース

会社員から磯釣りのプロに転身 平和卓也さん

0225hirawa.jpg
テレビ取材や大会で各地へ
す 磯釣りの一愛好者からプロの釣り師に転身した人がいる。釣りのテレビ番組や専門誌の取材で各地を飛び回り、今月には釣りの楽しさを紹介するDVDを出すなどプロ活動を本格化させている。今春には海に近い舞鶴市内にプロショップを出す予定でいる。

 福知山市の平和(ひらわ)卓也さん(31)。平和さんは釣り好きで、勤務した会社の上司からグレ釣りに誘われ、思わぬ釣果がでたのをきっかけにのめり込んだ。

 休日は近畿、四国、九州、関東など各地で催される大会に出場。優秀な成績を収めて磯釣りの世界では「平和」の名が徐々に知られるように。腕を買われて釣りの専門誌、テレビ局から、投稿や出演依頼が舞い込み、仕事を優先しながら出来る限りそれに応えてきた。

 そんな中で「出来ることなら、好きな釣りで食べていきたい」と、プロになる夢を抱くようになり、ついに決断。昨年12月に13年間勤めた会社を辞め、釣り師として第一歩を踏み出した。

 プロになる前の昨年秋には、それまでの経験をもとに、初心者、中級者向けの本を出版している。「磯グレベーシック」というタイトルで、釣り具の選び方から、より高度な釣り方まで紹介している。

 今月には、長崎、愛媛、三重で収録した寒・梅雨・夏の磯釣りの楽しみ方を紹介する「磯グレ・ピーススタイル」と題する130分間のDVDを出した。

 また、糸と浮きのメーカー・デュエルとプロスタッフ契約を結ぶほか、餌のマルキュウとも契約。在職中からスカイパーフェクTVの釣り専門チャンネル「釣りビジョン」(753ch)にレギュラー出演するほか、サンテレビなどの他の釣り番組にもたびたび出演している。

 釣り仲間からは、名字の「平和」から「ピース」の愛称で呼ばれ、専門誌でもこの愛称で紹介されていることが多い。4月に舞鶴市森に開店するプロショップの店名も「スタジオ・ピース」に決めている。

 磯釣り、アオリイカやスズキのルアー釣りなどの各種釣り道具、自分のオリジナルグッズを販売する。平和さんは「ようやく夢が実現し第一歩を踏み出しました。これからが大変ですが、大好きな釣りなので頑張れると思います」と話している。

写真:プロとして歩みだした平和さん。手にするのは出版されている本とDVD


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ