WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年2月 9日のニュース

春の訪れを告げるかれんな花が並ぶ 市植物園で雪割草展

0209yukiwari.jpg
 福知山市三段池公園内の市植物園(小笠原巖園長)で、早春の使者「雪割草展」が開かれている。色とりどりのかれんな花が春の装いを演出し、来園者は楽しそうに見入っている。


 雪割草は、春一番に残雪を割るようにして咲くことから名づけられた。つやのある葉が3つに裂けることから「三角草」とも呼ばれる。今年は寒波が続いたせいもあり、例年より10日ほど開花が遅れている。

 展示しているのは約110鉢。花は白、紫、ピンクなど色とりどりで、一重、八重、千重など咲き方もさまざま。葉も緑だけでなく、模様が入ったものもある。開花しているのは現在、ほんの一部だが、こんご暖かさが増すとともに次々に花を咲かせる。雪割草をはじめ、福寿草、節分草、フキなどを並べた冬の七草のコーナーも設けている。

 同展は26日まで。入園料は4歳から中学生まで150円、大人310円。雪割草は販売もしている。


写真:色や形がさまざまな花が並び、春の装いを演出している


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ