WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年2月 9日のニュース

付加価値高い卵の開発へ 府中丹広域振興局が茶など特産物を飼料に

 府中丹広域振興局は新年度予算の独自事業として、由良川流域の特産物を配合した飼料をニワトリに食べさせ、特定の栄養成分が含まれ、付加価値の高い「特殊卵」を産ませる試みを進めていくことにしている。


 中丹地域新産業創出懇談会での提言を受け、由良川ゆうゆう・いきいき・元気推進事業として実施するもので、中丹地域の採卵鶏の飼養羽数が府内の47%を占め、府畜産技術センターが綾部市にあることなどを考慮して提言された。

 特殊卵は3種類を開発する。舞鶴市田井などで養殖される褐藻類のホンダワラ▽同市などで栽培されている万願寺トウガラシ▽中丹地域の工場で出た茶かす−を飼料に配合する。万願寺トウガラシは出荷出来ない規格外品を用いる。

 ホンダワラには、発がん抑制作用があるといわれるフコキサンチン▽万願寺トウガラシには、動脈硬化の予防に有効とされるカプサンチン▽茶には、がんや動脈硬化予防、高脂血症に対する効果も認められているカテキンが含まれており、ニワトリの飼料に加えることで、これらの栄養成分が卵に移行していくか分析する。実証実験は同センターと連携して行うことにしている。

 同振興局では「開発が進めば、養鶏農家の収入アップにもつながる。また市場へ売り込んでいくために販路開拓についても検討していく必要がある」という。


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ