WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年2月 2日のニュース

松枯れ防ぐ薬剤注入 三段池公園で作業

0202matu.jpg
 福知山市は、アカマツが林立する美しい景勝地として知られる同市猪崎、三段池公園の松を守ろうと、松枯れ予防の樹幹注入剤を打ち込む作業を2日から始めた。3日までに約270本に打ち込む。

 松枯れは、松を食べるマツノマダラカミキリが、0.6ミリから1ミリの寄生虫・マツノザイセンチュウを運び、それが松の内部に入り込んで引き起こす病気とされる。樹幹注入はマツノザイセンチュウの増殖を防ぐための処置。注入剤を打てば2−4年間、効果が持続するという。

 同日は製薬会社社員や市都市緑化協会の職員らが、あらかじめ決めておいたアカマツにドリルで穴を開け、先端がとがった空の容器を差し込み、薬剤を入れていった。3カ月ほどかけて隅々まで届くという。

 三段池では市や市都市緑化協会が1997、2000年度と、2002年度以降に毎年実施。この作業をしてから松枯れが原因の伐採本数が減っている。現在は2000本の松がある。


写真:薬剤を樹幹注入していく職員ら


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ