WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年1月25日のニュース

旧鉄道病院の建物解体へ 新駅の開業で車掌区の利用もなくなり

0125tetudou.jpg
 福知山市駅前町、旧福知山鉄道病院の建物が近く撤去される。すでに病院での診療は20年ほど前に終えているが、昔を知る市民にとっては懐かしい施設だけに、取り壊しを惜しむ声が上がっている。

 同病院は1955年3月に、職員、家族の健康管理のため、それまでの鉄道診療所を昇格させる形で開設した。建物は鉄筋コンクリート造り2階(一部3階)建てで、総面積は2739平方m。内科、外科、眼科、耳鼻科、歯科の各診療科が置かれた。

 83年4月からは福知山総合診療センターとなったが、翌年3月で診療を終え、そのあと福知山鉄道管理局(現JR福知山支社)内に福知山鉄道健診センターが設けられた。建物はしばらく使われなかったが、92年11月からJR西日本福知山車掌区などとして昨年10月まで活用された。

 昨年11月に高架になった新福知山駅が開業し、車掌区なども高架下に移転したため、今回取り壊すことになった。解体は3月末までに終え、更地にする。解体後の跡地利用は未定。


写真:解体のための足場が組まれた旧福知山鉄道病院の建物


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ