WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年1月19日のニュース

3町商工会が07年度に合併へ 近く協議会立ち上げ

0119syoukoukai.jpg
 三和町、夜久野町、大江町3商工会は、07年度中にも合併する方向で検討に入った。近く合併協議会を立ち上げる。18日夜に福知山市三和町寺尾の三和荘で開かれた新市経済団体情報交換会で方針報告がされた。市町合併に伴い社会福祉協議会、消防団も合併するなど、様々な組織の統合が進む中で、経済団体は福知山商工会議所と3町による新商工会の2本柱で当面進むことになる。

 3町商工会は、新市誕生後の商工会のあり方を早くから検討。福知山商工会議所との統合も選択肢の一つにあがったが、商工会の会員には兼業規模の零細事業者も多いなど、商議所の会員より全体に規模が小さく、組織としての活動内容が違う。双方の設立根拠となる法律も異なることから「一本化は難しい」との判断になった。

 代わって昨年秋から3町商工会での合併へ向けた事前協議が始まり、年内に各理事会で方向性が承認された。

 旧法では、地続きの商工会しか合併できなかったが、一昨年の法改正で飛び地の合併も可能となり、エリアが接していない3町商工会も合併できるようになった。

 合併方針が報告された情報交換会は福知山商議所と3町商工会から会頭・会長、副会頭・副会長と事務局が出席。地域別の小売り販売額や工業出荷額など新市を取りまく商工環境の現状と、今後の府内市町村別人口の減少見通しが紹介された。

 この中で谷村紘一商議所会頭は、商工会と商議所との合併について「商工会には商工会が果たしてきた役割があり、合併は無理矢理やってはならない。期限を切らず機運が盛り上がった時にすべきで、いずれは合併しなければならない時期がくるだろう」との考えを示し、「互いに友好的な関係の維持を」と呼びかけた。これを受けて、夜久野町商工会の大槻昭久会長が代表して、3商工会での合併方針を報告した。


写真:合併へ向けての考えが報告された新市経済団体情報交換会


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ