WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2006年1月17日のニュース

白い湯気立て麹造り 雲原先山地区で盛ん

0117kouji.jpg
 福知山市雲原の先山地区で、農家の人たちが冬場の作業として取り組んでいる麹(こうじ)造りが、いま盛ん。作業場になっている地区の集会所からは、米を蒸す湯気がもくもくとたちのぼっている。

 集まって麹造りをするようになったのは1992年から。最初は味噌(みそ)造りを手がけていたが、食品製造の許認可の関係から、3年目以降は味噌造りの一つとして行っていた麹造りだけを続けてきた。現在は先山麹組合としてメンバー8人で活動。1シーズンに600−650kgの麹を仕込んでいる。

 蒸した米を広げて手でもみながら冷ます「床もみ」など、丁寧な作業をして白くきれいな麹に仕上げているのが人気。自家製の味噌を造っている家庭から、毎年たくさんの注文が届く。「待っていてくれる人がいるのが励みです」とメンバーたち。今季も今月25日まで注文を受け付け、2月中旬まで作業を続ける予定。米を持ち込んでの注文は約1.5kgで600円。米も組合で手配する場合は1200円。宅配は相談の上。問い合わせは曽根八重野代表、電話(36)0202へ。


写真:蒸した米を手でもみ込みながら冷まし、麹菌を混ぜる農家の人たち


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ