WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年12月22日のニュース

「町立」学校ではきょう最後の終業式

1222syuugyousiki.jpg
 福知山、三和、大江、夜久野1市3町の小、中学校で22日、一斉に2学期の終業式が行われた。早朝から降り出した激しい雪の中、生徒、児童らは元気に登校、式に臨んだ。3町では、1月1日の市町合併を控え、各町立学校として最後の終業式になった。

新しい市の一人として輝こう 三和町立細見小

 三和町千束の細見小学校(河波章校長、109人)では午前8時50分から式が始まった。

 河波校長は「細見小学校にとって一番大きな出来事が、もうすぐあります」と切り出した。合併によって市立学校になることを説明し、「福知山市になっても、住んでいるわたしたちの気持ちは変わりません。新しい市の一人として輝き、力を合わせて新しいまちづくり、学校づくりに頑張りましょう」と呼びかけた。

自分の身を守り元気に3学期を 市立昭和小

 福知山市北本町1区の昭和小学校(小川哲夫校長、690人)でも午前8時50分に全校児童が体育館に集まり、終業式が始まった。

 小川校長は「2学期はみなさん勉強にスポーツに頑張りました。このあとでもらう通信簿を持って帰り、次はこれを頑張ろうと親子で話し合ってください」と話した。

 休み期間中に気をつけてほしいこととして、不審者対策と交通安全への意識を持ち続けるように呼びかけ「しっかりと自分の身を守り、安全で楽しいお正月を迎えてください」と、新年に元気に登校することを約束した。3学期の始業式は、市立の全27小学校、10中学校で1月10日に行われる。


写真:河波校長は近く市立細見小学校になることを説明した

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ