WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年12月15日のニュース

元気の出る絵と言葉と 観音寺の住職が詩画日めくり作る

1215siga.jpg
 福知山市観音寺、観音寺住職の小薮実英さん(54)が詩画の日めくりを作った。めくるたびに現れる31の素朴な絵と言葉が温かい気持ちにさせてくれる。

 詩画の日めくりはこれまでにも出しているが、今、暗い事件ばかり起きて人の気持ちが疲れている。明るく元気の出るものを、との思いで制作した。

 題は「ほのぼの日めくり」。前作から今までの2年間での人や自然との出あいで感じたことを表現している。花や虫、魚などの絵に「ころんで丸くなりころんで強くなる」「思っているだけでは進まない 自分の歩幅でまず一歩」などの短い言葉を添えた。

 小薮さんは「見てくれた人が元気に前向きになってくれたらうれしいです。部屋やトイレでもいいので、飾って見ていただければ」と話していた。

 B5判。1000円。


写真:詩画「ほのぼの日めくり」

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ