WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年12月10日のニュース

夜久野町直見に巨大ダックスフント現れる 台風で倒れた木を使いえとのつくりもん夜久野町直見に巨大ダックスフント現れる 台風で倒れた木を使いえとのつくりもん

1210inu.jpg
 夜久野町直見西垣の府道大江山東線沿いに、木製のつくりもんが現れた。来年のえとをテーマにした「犬の親子」で、親犬は体長3m以上あり、道行く人を驚かせている。材料の木は昨秋の台風23号で倒れたものを使っており、作り手たちの熱意が一層込められている。

 近くの西垣、大岶、桑谷3地区で作る直見中営農組合と町おこしグループみつわ会が、毎年、えとのつくりもんを制作して飾っている。イベントで人が集まる時期には農匠の郷へ持ち運んでの展示もしている。

 題材に選んだのは、小型犬のダックスフント。親犬の胴の部分に使った杉の木は直径約90cm、長さ3m強。リフトでトラックに積み上げて運び出さなければいけないほどの大きさになった。

 同組合長で、同会長でもある羽上田君夫さんは「台風23号で倒れた木を拾い上げて作りました。門松も並べています。みなさんに見てもらえたらうれしい」と話していた。


写真:道路沿いに飾られ、目を引いているえとの犬。材木などでダックスフントの親子を作った

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ