WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年12月 8日のニュース

空心福祉会が新型特養ホームを建設 06年9月のオープンめざし中六人部で起工式

1208tokuyou.jpg
 福知山市の社会福祉法人空心福祉会(正木義完理事長)は8日午前9時30分から、同市下地に建設する市内初のユニット型特別養護老人ホーム「六人部・晴風(はるかぜ)」の起工式を催した。来年7月完成で9月1日のオープンをめざす。

 建設するのは、管理棟とお年寄りの居住棟3棟で、いずれも鉄骨造り平屋建て。プライバシーに配慮して全室が完全個室で、特養50床と短期入所のショートステイ10床を設ける。総床面積は約2688平方mになる。

 10人を1つのユニット(生活単位)とし、自宅で生活するような炊事や洗濯、入浴など家の機能を完備。入所者のプライバシーに配慮しながら従来の集団ケアからユニットケアによる個人的生活支援を展開する。

 式には同法人や行政の関係者、地元代表ら約50人が出席。鍬(すき)入れなどの神事で工事中の安全を祈った。正木理事長はあいさつで「未来型のユニット型ホームの建設を夢見、みなさんのご協力とご努力で、今日ここに建設の日を迎えられた。家族はもちろんお年寄り本人が安心して老後を任せられる施設にしたい」と述べた。

 同法人は、市内天田大塚に特別養護老人ホーム・にれの木園を運営している。


写真:祈願祭で工事中の安全を祈る正木理事長(左)ら

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ