WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年11月24日のニュース

福知山マラソン 2年ぶりランナーの足音戻る 

1124marason.jpg
秋深まる丹波路に6582人

 秋深まる丹波路を駆ける第15回福知山マラソンが23日、福知山市三段池公園総合体育館前を発着する42.195キロの日本陸連公認コースで開かれた。2年ぶりの大会は穏やかな天気に恵まれ、府内外から6582人が出走し、沿道からの多くの声援を受けて力を振り絞った。男子は、唐須泰宏選手(29)=兵庫県姫路市=がこれまでの記録を24秒縮める2時間21分41秒の大会新記録で、女子はグンゼスポーツ所属の小林玲子選手(33)=同朝来市=が2時間46分07秒で優勝した。

 午前10時30分、高日音彦市長の号砲で一斉にスタート。道路上のコースは瞬く間にランナーで埋め尽くされ、沿道からは多くの人が声援を送った。

 記録を狙う人、ゆっくりと自分のペースを守る人と、レースに臨む姿勢は人それぞれ。ゴール手前の上り坂では顔がゆがみ、失速する人もいたが、「もうすぐゴールよ」「お帰りなさい」「頑張れ」と、沿道の人たちの心のこもった応援を受けて、あきらめずに足を進ませ、ゴールインしていた。完走者は88.4%の5819人だった。


写真:勢いよくスタートするランナー

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ