WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年11月 8日のニュース

復興と感謝を示す大会に 福知山マラソンに8818人が申し込み

 福知山市は7日、第15回福知山マラソン(23日)の概要について発表した。昨年の第14回大会は台風23号災害で中止したため、2年ぶりの開催。災害の復興をアピールし、義援金などに対する感謝の気持ちを表す大会にしていく。

 昨年は23号の襲来でマラソンコースが被災し、災害復旧を優先するためやむなく中止とした。そんななか、出場を予定していたランナーから、被災者を見舞う言葉とともに「来年は大会ができるように頑張ってください」といったメッセージや、計325万円余の義援金が実行委員会事務局に寄せられた。

 今大会はそういった善意に対する感謝の気持ちを表すため、コース沿線の保育園、幼稚園、小学校の子どもたちの応援メッセージを開会式会場に大型テレビで流す。感謝と応援の横断幕もコースのところどころに掲げる。

 今大会には、43都道府県から昨年より415人少ない8818人が参加を申し込んでいる。内訳は男性7695人、女性1123人。

 大会は23日午前10時30分、三段池公園総合体育館前をスタート。福知山、大江の42.195km(日本陸連公認コース)を駆け抜け、再び同体育館前にゴールする。第6回全日本盲人マラソン選手権を兼ねている。

 前日の22日に市内で開くウエルカムパーティーには、元女子レスリング世界チャンピオンの山本美憂さんを招く。

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ