WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年11月 5日のニュース

痛む手で縫った雑巾を菟原小に贈る 三和 グループホームすこやかの家のお年寄りら

1105zoukin.jpg
三和町友渕の老人福祉施設「みわの里」内のグループホーム「すこやかの家」で共同生活するお年寄りたちが、「かわいい子どもたちに使ってもらおう」と、雑巾(ぞうきん)を縫った。目標にしていた100枚を超えたことから2日に菟原中の菟原小学校を訪れ、児童たちに105枚をプレゼントした。

 みわの里(右近正三総施設長)は特別養護老人ホームなどからなり、9月に開所した。そのうちグループホームには軽度の認知症のお年寄り、男女計9人が入所している。施設全体として地域との交流に力を入れることにしており、「まず地域の子どもたちと」と、機能訓練を兼ねて雑巾を縫い、贈ることにした。

 肩に痛みを持っていたり、腕やひじが動きにくくなっているお年寄りも、不自由な手を一生懸命動かし、ひと針、ひと針、心を込め丁寧に縫い上げた。

 菟原小では、お年寄りたちが到着すると、児童代表たちが雑巾を受け取り、塩見佳扶子校長が学校の様子を紹介した。「勉強を頑張り、マラソン練習をしています」と説明すると、お年寄りたちは「そうですか」「はあ、えらいねえ」と、うれしそうに相づち。「いただいた雑巾で学校をもっとピカピカにします。またお寄り下さいね」と招待され、笑顔でこたえていた。

 最後は児童一人ずつが握手をして、順にお礼を述べていった。


写真:お年寄りたちが菟原小を訪れ、子どもたちに手縫いの雑巾をプレゼントした

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ