WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年11月 2日のニュース

トラブル防ぐ具体策学ぼう ユーザ協会などが個人情報保護セミナー開く

 個人情報保護への関心が高まってきたが、「どこから手を付けてよいのか分からない」「対策はしているつもりでも、不安がある」という事業所が多い。そこで日本電信電話ユーザ協会北京都協会などは、11日午後2時から福知山市のサンプラザ万助で「個人情報保護実務セミナー」を開く。だれでも入場でき、無料。

 主催は同協会と府愛ティープラザ、オンラインショップ勉強会のe丹波商人道場。福知山商工会議所、両丹日日新聞社などが後援する。

 個人情報保護法が4月から施行され、消費者の間で個人情報への意識が高くなり、企業へ注ぐ目も厳しくなってきた。全国では各種名簿や機密資料の流出が相次いでおり、一度トラブルを起こした企業は、その信頼回復に非常に大きな労力と経費を要している。そこで、トラブルを未然に防ぐため、具体的に何をしておくべきなのかを学ぶセミナーを開くことにした。

 講師には日本プライバシーコンサルタント協会(JPCA)理事の高橋彰彦さんを迎える。高橋さんは1971年に大阪大学法学部を卒業し、日本リクルートセンター(現リクルート)に就職。福祉専門学校事務局長を経て、昨年、個人情報保護の支援活動をする会社を設立した。日本技術者連盟に籍を置き、インターネットの個人情報保護認証プログラム「トラストe」をネットの先進国アメリカから導入。その普及活動にも取り組んできた。

 当日は、よくある社内の盲点や望ましい顧客名簿の管理方法、従業員教育、パソコンのウイルス・スパイウエア対策など実践的なことを話す。

 またNTT西日本みやこ支店グループが、指紋認証システムやパソコンデータ消去サービス、情報漏洩(ろうえい)賠償保険などの展示・説明をする。

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ