WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年10月29日のニュース

11月開業の高架駅 改札口が80m南へ移動 北側からは仮通路利用

 新しい福知山の街の顔となるJR福知山駅の高架駅開業まであと約1カ月と迫った。現駅舎から高架駅に移るのに伴って、南北両側からの駅利用ができるようになり、改札口の場所も大幅に移動する。このため、府、福知山市などでは近く、改札変更図などを入れたチラシを回覧し、市民ら利用者に協力を呼びかける。

 高架駅は、現駅舎、営業路線の南側に建設されており、11月26日に開業する。高架下に駅施設がすべて収められ、利用者は中央付近の改札口を通ってホームへ上がる。バリアフリーに配慮し、階段のほか、エスカレーターやエレベーターも設けている。改札口は現在より約80m南に移動する形になる。

 現駅舎は約1年がかりで解体するため、開業とともに閉鎖される。このため、北側から利用する場合は、仮通路を通って高架駅に向かう。仮通路は屋根付きの長さ約50m、幅約5mで、スロープや手すりを付けて車いすなどでも利用できるようにする。入り口は現駅舎とKTR福知山駅の間に設ける。南側からは、整備が進む駅前広場を通って利用できる。

 路線バスの乗り場は今まで通り駅北側となるが、タクシー乗り場は駅南側にも新設される。

 高架駅には、歩行者が南北の通り抜けを自由にできるコンコースをつくるが、終電後、始発までの夜間は閉鎖される。

 なお、KTR福知山駅の高架駅が完成するまで、JRとKTRの乗り換え距離が長くなるが、一部列車のダイヤを見直し、5分以上の接続時間を確保する。

 また、開業前夜に高架への線路の切り替え工事や踏切施設の改変作業が行われる。通行止めにはしないが、重機の作業音などが出るため、沿線住民らに理解と協力を呼びかけている。

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ